いろはにほん -Experience the Soul of Japan-

本プロジェクトは、原則非公開である寺院等の歴史的な建造物をリノベーションし、そこでの一棟一組限定での宿泊を伴う体験プログラムを通して日本文化の価値を再発見、再認識してもらい、日本に対する理解と文化財に対する関心を高めることを目的としています。利用料の一部は文化財保護プログラムに活用し、日本文化の保護継承の一助となることを目指します。第一弾として運営を開始するプログラムは、日本文化のひとつである「禅」をテーマとし、坐禅や読経、茶礼等を体験頂けるプログラムとなっています。

 

主催 日本財団
共催 京都文化協会
協力 ハイアットリージェンシー 京都、京都国立博物館、
海宝寺、光雲寺、真如寺、大慈院、永明院
[ 禅 ]  
黄檗宗 海宝寺(京都市伏見区桃山町正宗20)
臨済宗 大本山南禅寺 塔頭 光雲寺(京都市左京区南禅寺北ノ坊町59)
臨済宗 大本山相国寺 塔頭 真如寺(京都市北区等持院北町61)
臨済宗 大本山大徳寺 塔頭 大慈院(京都市北区紫野大徳寺町4-1)
臨済宗 大本山天龍寺 塔頭 永明院(京都市右京区嵯峨天竜寺芒ノ馬場町60)

 【お問い合わせ】

 日本財団 ソーシャルイノベーション本部 国内事業開発チーム 

 担当:正木

 電話:03-6229-5111(日本財団コールセンター)/FAX:03-6229-5110

【注記1】
この禅体験では、プログラムの始まりから終わりまで、一切、喫煙していただくことができません。このお約束をお守りいただける方のみ参加いただくことが出来ます。
【注記2】
この禅体験では、寺院様のご都合(檀信徒様の法要や突然の行事など)により、頂いた予約内容のとおりに実施できないことがございます。このような際に、他の禅体験の実施先をご紹介できない場合には、禅体験をお受け頂けないことがありますので、ご理解をお願いします。(この場合にはご返金させていただきますが、お預かりした金額以上のお支払いはできませんので、予めご了承ください。)
【注記3】
そのほか、この禅体験に参加いただくためには、京都文化協会の定める禅体験約款の内容を遵守いただくことが必要となります。