大慈院 – DAIJIIN – (大本山 大徳寺)

趣きある茶室の先に、枯山水の庭が広がる非公開の禅寺。
僧の暮らしの中に身を置く、本物の禅体験。

  • 客室の広さ/36.32㎡
  • トイレ/有・洗面所/有・風呂/有・シャワー/有
  • 冷暖房/有、ベッド/無(和式布団を利用)、無料WiFi/有
  • 備品/加湿器、冷蔵庫、タオル類、歯ブラシ、等
  • 1泊1組限定(1人~最大5人)
  • 食事/含(近隣の日本料理店を利用)
  • 通訳士同行/有
洗練された寝具やアメニティグッズを設置

本堂

滞在棟

スケジュール(想定)


 

【 1日目 】

14:30 寺院 チェックイン

15:00 寺内案内

16:00 坐禅・読経体験、等

18:00 夕食

【 2日目 】

06:30 自由散策

08:00 朝食

09:30 茶室にて茶礼

11:00 大慈院 チェックアウト

※スケジュールは仮のもので、変更になる場合があります

ポイント


 

茶礼

僧が直接お茶を立てて、お客様に振る舞います。伝統的な大慈院の茶室の空間を、独占的に堪能することができます。

坐禅

姿勢を正して坐った状態で精神統一を行う、禅の基本的な修行法である「坐禅」。僧から直接指導を受けながら、坐禅を体験します。

早朝散策(自由)

早朝の大本山大徳寺の境内を自由に散策できるのは、この禅体験参加者の特権。観光客のいない朝の清々しい大徳寺境内を満喫できます。

歴史:

臨済宗大徳寺派の塔頭。開祖は大徳寺129世、天叔宗眼和尚。天正13年(1585)大友宗麟の姉の見性院、織田信長の姉の安養院、村上周防守義明、山口左馬弘定等が檀越となり創建。大慈院の下に塔頭の碧玉庵が出る。天保元年(1830)の地震で堂宇に被害を受けたが、弘化4年(1847)に古材をもって再建された。現在、本堂前庭にある紫式部碑は、寛政7年(1795)に紫野御所田町の式部の墓の傍らに建立する予定だったものが、故あって碧玉庵に建立され、明治維新により同庵が廃寺になったとき移されたものと伝える。碧玉庵にあった立花宗茂の位牌や墓、肖像画も当院に引き継がれた。大正13年に表千家12世惺斎と裏千家13世円能斎の監修によって建てられた茶室「頓庵」がある。